トイレの修理で多い水漏れの確認方法は簡単です

トイレの修理内容で多いトラブルの中には、水漏れの問題があります。

他の水回りの設備では、殆どの事例で蛇口から漏れてしまう現象ですが、トイレの場合は蛇口は設置されていない場所なので、該当する事例は便器の中にいつまでも水が流れている現象を指しています。何が原因となっているのかを確認する方法はあり、初心者の方でも意外と簡単です。まずは水栓タンクの蓋を開けてみることが必要です。手洗い器が取り付けられているタイプは、蓋の裏側に給水ホースが取り付けられているので、少しだけ開けて外すと簡単に蓋を開けられます。

最初に確認したい場所は、レバーを繋いでいるボールチェーンです。引っ掛かりが無いかどうかの点検と、長さにゆとりがあるかどうかの点検です。問題がなければ底面に設置してあるゴム製バルブの点検です。異物が挟まっていないかどうか、劣化していないかどうかの点検で、問題がなければ浮き球の点検が必要です。浮き球は他の部品と干渉していないかどうか、亀裂により浸水していないかどうかの点検です。以上で問題がなければ殆どの事例でボールタップに問題があると推測できます。

トイレの水漏れの修理で最も厄介なことはボールタップの問題です。他の基本的な部品に問題がなければ疑う余地のある部品になりますが、ボールタップには水位を調整できるネジが取り付けられています。水漏れが止まらない現象では水位が高まっていると判断できるので、調整ネジで水位を下げる方法が有効です。調整不可、これ以上下げることができないという場合は、ボールタップ全体を交換しないと修理できないので、自ら同型のボールタップを購入する方法、専門修理会社に依頼をして交換する方法の2択です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *