水漏れが発生することの多いトイレ修理は専門のプロに

水洗トイレは、ほぼ日本全国の各地に普及が進みました。

20世紀の中盤から整備が進み、当時は先進的な住まいと言われていた団地型の集合住宅に採用されてから、多くの人のあこがれの存在として注目を浴びていたこともあります。当時は水をためておくタンクが上部にあり高低差を利用して勢いよく水を流すハイタンク構造が一般的で、水を流す場合には紐を引くという動作をする必要がありました。

普及当初は水漏れなどのトラブルも多く、構造上修理も大変困難であったために、ロータンク形の方式に変更が進み、現在ではよりスタイリッシュなタンクレストイレが人気となっています。製品の進化に伴って水漏れトラブルが減少したと考えられがちですが、実際は製品の構造が複雑化したことによる新たなトラブルも増えてきています。

比較的構造のシンプルなロータンクでは、パッキンの劣化による水漏れが多く見られましたが、電子制御の進むタンクレス式やロータンク方式でも水量のコントロールを電子的に行うタイプの製品は、制御するセンサーの劣化や誤動作、作動部分の故障などで水が止まらなくなるという新たな問題も発生することが認められます。

つまり水洗トイレを使用する上では、一定の確率で水漏れが発生するものであるとおさえ、修理会社を予め選定しておくことが重要となります。トイレは使用できなくなると生活に支障をきたす場所の筆頭です。その手からも、工事を適切に行う修理会社の連絡先は、きちんと明らかにしておくことがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *