自分でつまりのトラブルを解決するときの注意点

自分でつまりトラブルを解決するときにはいくつか注意点もあって、まずワイヤーブラシを使うときには、ワイヤー部分が柔かくなっているタイプや先端が小さくなっているものがあります。

ワイヤーが柔かいと排水口の奥までうまく差し込めないことがあって、途中で絡まることもあるので注意が必要です。また、先端が小さいと上手く汚れを除去できないこともあります。製品によって取り扱いが難しいこともあるので、無理なときは専門業者へ依頼したほうが短時間で確実に解決してくれます。排水管を外してつまりのトラブルを解決する場合、キッチンと洗面台だけにしたほうがいいです。

排水管を自分で外すことが出来るのはこの2ヶ所だけで、他の箇所は専門業者でないと外せないので無理にしないほうが良いです。この方法で解決したときは、汚れた完全に落ちたかどうかを確認します。少しでも原因となる汚れやごみが残っていると、またすぐに蓄積してつまってしまうので、汚れやごみは徹底して落としてから排水管の中を清潔にしておくことも大切です。

よく、手軽な方法として歯ブラシを使って排水管のつまりのトラブルを解消することもあります。この時も小さい掃除道具を使うと、間違って排水管の中へ掃除道具を落としてしまう恐れがあります。こうなるとさらに詰まってしまう原因をつくることなり、小さい道具を使うときは取り扱いにも注意して清掃をすることも大切です。完全に症状がひどくなる前に定期的にパイプクリーナーなどを使って清掃するのも予防になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *