つまりトラブル改善の際に注意しておくこと

排水がつまって、水が流れなくなるというトラブルはよくあることです。

特に賃貸などでは、油や汚れなどが蓄積されてきているので、自分が長い期間使っていなくてもある日突然つまりが発生してしまうことがあります。汚れを溶かす液体洗剤や錠剤を使ってうまく流れてくれる場合もありますが、汚れがかたまり過ぎていると実際うまくいかないことも多いです。そんなとき、スッポンなどの道具を使うと一気に流れてくれるのでおすすめです。ですが、スッポンを使うときには注意が必要です。

空気を吸って真空状態にするスッポンですが、古く劣化した排水管だと負担がかかったことでそこから亀裂などが生じる場合があります。すると、管のまわりは水が漏れてびしゃびしゃになってしまうのです。管が金属製などでない場合は、意外に耐久性がないので注意する必要があります。そのようなトラブルを防ぐために、つまりを解消しようとする際にはまずは防水のシートを一帯に敷いておきましょう。

万が一水が漏れても、被害を抑えられます。乾いたぞうきんなども用意しておいてください。あらかじめ管にラップなどを巻いておくのもおすすめです。業者を呼んで直してもらう際にも、念のために用意をしておくとトラブルを回避できます。普段から定期的に熱湯を流すなど、管の中で油が固まらないように予防してくことも大切です。つまりを自分で解消しようとする際には、十分に注意をして及ぶようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *