トイレのつまりや水漏れの原因

水回りでは多くのトラブルが起こってしまうものですが、中でもよくあるトラブルがトイレの水が流れないつまり、また気づいたときには水が漏れているというトラブルです。

トイレの水は決して衛生的なものではないので、そのようなトラブルにはすぐに対処する方も少なくありません。しかし、原因を事前に知ることができていれば、対策することもできます。では、トイレの水つまりや水漏れが起こる原因とはどのようなものがあるのでしょうか。水つまりの原因は、流しているものに原因がある場合がほとんどです。例えば、通常の水溶性ペーパーを2、3枚流す程度であればそのようなトラブルが起こることはまずありません。しかし、大量の水溶性ペーパーを少量の水で流そうとしたり、水に溶けにくいティッシュなどを流そうとすると、細い排水管やタンクの中で詰まってしまうため結果として水が流れなくなってしまうわけです。

対処法として、紙類を流す際はできるだけ強力に流し、無理に流そうとはしないことを心掛けるのが良いでしょう。一方で水漏れなどのトラブルは、流すものではなく排水管などの設備にそもそも欠陥が生じている可能性が考えられます。定期的にメンテナンスを行って常に点検していくのが理想的ですが、一般家庭でそのようなことをするのは非常に難しいです。専門の点検センターなどで定期点検などのサービスを実施していることが多いので、プロに依頼してトラブルを未然に防ぐことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *