トイレのつまりと漏れは表裏一体

水回りのトラブルにはつまりと漏れの二つのパターンがあり、一見すると正反対の出来事ですがつまった水が逆流して漏れるなど、一つの故障が両方を起こすことも少なくありません。

特にトイレでは、水が漏れると雑菌が含まれて不衛生な場合があるので、つまりを甘く見ないことが大切です。水の流れが遅いけれど少しずつは減っている場合、つまりは排水管前部に及んでいなくても本来の排水能力を持っていません。そこで新たに水を流せば、流れてきた水が排水を上回り、逆流して漏れてしまいます。

トイレの場合は逆流してきた水が不衛生だったり、悪臭を伴う場合があるので便器から外への流出は極力避ける必要があります。そこで、次に大切なのが情報共有、一人暮らしで自分以外に使う人がいない場合などを除き、修理して原因を取り除く前に家庭で自分以外の家族が使ったり、オフィスなどで他人が使うことがないよう、故障中の貼り紙をしておくこと効果的です。

トイレのつまりは、ゼロかイチ、つまり問題がないか詰まっているかではなく、排水管が一部つまって能力が低下しても、完全には詰まっていなければ少量ずつは水が流れます。その場合、複数の人が立て続けに利用して、短時間に多量の水が流れると能力を超えて逆流します。そうならないためには、目の前の出来事だけではなく、どこに問題があるか原因を突き止めて解決するよう、プロの業者に頼むと安心です。その為に、水道業者は深夜でも出動できる会社もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *