特殊小型船舶免許を取得してジェットスキーを楽しもう

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

南国リゾートでは様々なマリンスポーツが体験できますが、その中でも高い人気を誇るのがジェットスキーです。水上バイクとも呼ばれるこの乗り物に乗れば、水の上をスイスイ走ることが出来るので爽快な気分を味わうことが出来ます。また、ジェットスキーはコンパクトなボディなので川でも走ることが可能です。そのため、日本全国の様々な場所で利用されています。

観光地などでジェットスキーに乗る場合は、インストラクターが同情するのが一般的です。なぜなら、この乗り物を操縦するためには特殊小型船舶免許という専用の免許が必要だからです。海外では免許無しで操縦できる場合もあるため、日本でも免許不要と思っている人もいるかもしれませんが、日本では無免許運転は違法になってしまうので注意が必要です。ですが、特殊小型船舶免許は最短1.5日の教習で取得出来るので、比較的楽に取得できる免許だと言えます。

小型船舶免許には1級や2級などもありますが、これらは最短でも2~4日の教習を受ける必要があります。また、1級と2級を持っていてもジェットスキーの操縦は出来ないルールになっていることも知っておく必要があります。小型船舶免許の免許を取得するためには学科試験と実技試験に合格しなければなりません。これはジェットスキーでも同様であり、学科試験では海上交通のルールや海を走る上での心得などが出題されます。

学科試験では実際の船舶を使って操縦技術や点検整備などの技術が試されます。両方に合格し、身体検査もクリアしたら免許申請が可能となるため、申請手続きを行うと免許が交付されるという流れになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です