小型船舶免許の取得方法について

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

海のレジャーとしてエンジン付きの船に乗って航行することが行われることがあります。そのような際には、小型船舶免許を取得していることが必要となります。小型船舶免許にはいくつかの種類がありますが、陸上の自動車の場合と異なり船の排気量や総重量での区別はありません。分類基準となっているのは、陸地からどれだけ離れたところまで運行ができるかということです。

またこの分類については、上位グレードのものが会で利用できるということができない場合もあります。具体的には、水上バイクを利用する際に必要な特殊小型船舶免許は他のものとは個別に取得することが必要です。このような免許を取得するためには、いくつかの方法があります。最もシンプルなのが、独学で試験勉強を行い国家試験を受験するということです。

独学で勉強するということで難しい点はあるのですが、受験にはほとんど経費がかからないという利点があります。その他の方法は、国家試験免除の免許スクールや登録小型船舶教習所で講習を受けて卒業試験で合格するということです。経費はかかるのですが、取得が容易であるというような利点があります。国家試験については、実技試験と筆記試験から構成されています。

筆記試験の内容としては、船の運行の実技に関するものや運行する際の遵守事項などについて問われることになります。合格基準としては、各科目について50%以上の正解であり全体として60%以上の正解があればいいとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です