小型船舶免許の取得に必要な条件

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

船の操縦に必要な小型船舶免許を取得するためには、次のような健康状態であることが求められています。視力であれば両眼とも0.5以上なければなりません。裸眼である必要はなく、矯正することでクリアできれば大丈夫です。また夜間での灯火の色の識別ができることを求められます。

識別ができない場合は、太陽が昇っている昼間の間のみ操縦が認められます。聴力の場合は、5m以上離れた場所での会話が聞き取れることが条件になっています。手足は問題なく動かせることが望ましいですが、補助ができるのであれば可能です。つまりある程度の障害があったとしても、操縦に支障がなければ小型船舶免許を取得することが可能であります。

これがあると、行動範囲も一気に広がるので魅力的です。小型船舶免許の試験には学科と実技があります。これは車の運転免許と似ていますが、取得までの日数は短く合宿であれば2、3日ですみます。障害物や交通量が多い陸上とは違い、海上では大きく差があるため余程のミスがない限り時間をかけて指導する必要がないためです。

テストも学科では各科の点数は50%以上、合計して65%以上あれば合格ラインです。実技は減点式で、100点の内70点を下回らないようであれば合格できます。フィッシングやマリンスポーツを楽しむのがメインなので、小型船舶免許の取得は難しくはありません。しかし、同乗者がいる場合は命を預かる責任があるので、気を引き締めておくことを心がける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です