小型船舶免許のメリットとはできることについて

by:

小型船舶免許費用資格/習い事

小型船舶免許には一級と二級、そして特殊の3種類があって、操縦できる船や水面に決まりや制限があります。一級は小型船舶免許の最上位クラスなので、船を操縦できる水面は基本的に無制限となります。つまり自由に海に出て船に乗ることができるわけですが、操縦が認められるのは総重量20t未満で全長24m未満のボートに限られます。具体的にはレクリエーション用やスポーツ用で、当然ですが大型の船舶は操縦できませんが、大抵の小型船には乗れるので持っているとなにかと便利です。

小型船舶免許の二級は海岸から5海里に限定で、総重量20t未満かつ全長24未満のボートを操縦することが許されるので、一級との違いは操縦できる海面の制限の有無と距離となります。小型船舶免許の特殊は水上オートバイに限定されるもので、ボートの操縦はできないことに注意が必要です。操縦できるのは湖岸や海岸から2海里までで、総重量や全長の制限はないものの、水上オートバイの定義に当てはまらない船は総じて操縦できないです。このように様々な違いと制限がある小型船舶免許ですが、一級は海里の制限なく海に出ることができるので、船釣りを好む人にメリットが大きいです。

二級はレジャーで海上を楽しみたい人に向いており、特殊は水上オートバイを趣味とする人に最適です。二級には湖川の第一号限定というものがあって、湖や川でのみエンジンを搭載するボートを操縦できることから、川釣りをする人に適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です