渋谷の整形外科で治療できる病気

渋谷は美容整形外科の激戦区と言える地域ですが、厳密には美容外科と整形外科は異なるものです。美容外科は外見を美しくすることが目的で、病気を治すものではないため、健康保険は原則として適用されません。
これに対して整形外科は、病気やケガで受けた身体機能のダメージを回復することが目的です。



たとえば椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症などの治療が主な内容となり、首や腰の痛みで困っている方が利用するイメージです。そのため渋谷にはリウマチ科やリハビリテーション科を併設しているクリニックが多くあります。

重症の腰痛の治療には手術が行なわれることもあります。
歩行困難や排尿障害など、よほど症状がひどい場合に適用されますが、体への負担が大きいため慎重に判断する必要があります。近年では負担の軽い内視鏡手術を採用しているクリニックもあります。

最近何かと話題のnanapiに関しての情報が閲覧できます。

手術以外の治療法としてはブロック注射で痛みを和らげたり、牽引療法や温熱療法を用いたりします。
それと同時に食事や運動などを改善することも大切です。渋谷には、この方面の指導を徹底させているクリニックもあります。

リハビリには機械や薬に頼るよりも、本人がじっくりと取り組む姿勢が求められます。これからは高齢化がいっそう進行し、ロコモティブシンドロームなどの患者が増加すると予想されます。


病気の治療だけでなく、予防医療にも力を入れている渋谷の整形外科で、一度生活習慣を見直してみると良いでしょう。